テンカラ初心者が逆さ毛バリを作ってみる

  • by

2019年から始めたテンカラでの渓流釣り。毛バリにかかるお金を節約するために、毛バリの自作にチャレンジしてみました。難しい、けどおもしろい。

吊り下げたボビンホルダーから伸びるスレッドは美しかった

YouTubeきっかけで始めたテンカラ

テンカラ釣りを始めたのは2019年の夏。もともと渓流釣りには強い憧れがあったんですが、釣りは知識も経験もないのでなかなか始められず。そんななか、YouTubeでFisherman’s Spoon[1]というチャンネルに出会い、テンカラの魅力を知りました。

この動画がきっかけでテンカラを始めました。ありがとう。

テンカラはシンプルな道具だけで意外と簡単に釣れる釣法であることが、美しい映像や軽快なトークとともに紹介されていました。これならできそうだ、と動画内で紹介されていた最低限の道具を揃えて渓流に出たのが2019年の夏です。

始めた時期が遅かったのでわずか2回しか釣りには行けませんでしたし、お目当てのアマゴは初回に1匹釣れただけでした。それでもテンカラの楽しさは十分堪能することができたので、2020年以降もテンカラを続けていこうと思っています。

毛バリ自作の必要性

テンカラ釣りは毛バリを使う釣法なんですが、この毛バリがよく無くなります。根がかりしたり、川辺の木の枝に引っかかったり。過去2回の釣行で4つの毛バリを失いました。

僕が使っていたのはDAIWAのテンカラ毛針。4個セットの商品がamazonで約1,400円でした。このペースだと、2回行くごとに毛バリ代1400円が必要ということ。痛い出費です。

この出費を抑えるために、毛バリを自作することにしました。最初に道具さえ揃えてしまえば、釣りをすればするほどお得になります。

タイイングキットをamazonで入手

毛バリを巻く(作る)ことをタイイング(tying)といいます。最低限、針と羽と糸さえあればタイイングできますが、一般的にはバイス、ボビンホルダー、ハックルプライヤーなどの専用の道具を利用するようです。これらを個別に揃えてもいいんですが、より簡単に道具を揃えるために市販のタイイングキットを購入しました。

僕が買ったのは、amazonで売られていたアキスコ n-VISIONコラボモデル テンカラ毛鉤タイイングキットという商品。配送料込みで約7,000円でした。

この商品には、バイス、ボビンホルダー、ハックルプライヤーはもちろん、針や羽、糸など、タイイングに必要な道具がすべて含まれています。また、タイイングの説明書も入っているので、初心者には優しい商品です。

難しくも楽しい逆さ毛バリのタイイング

タイイングの方法はYouTube[2, 3]やブログ[4, 5]で沢山紹介されていますが、今回は実直にタイイングキットに付属した説明書に沿って巻いていきました。

初めてのタイイングに悪戦苦闘の図

試しにいくつか作ってみましたが、なかなか難しい。いろんなところで逆さ毛バリのタイイングは簡単だと紹介されていますが、僕はけっこう苦戦しました。

単に僕が無知なだけですが、まず用語がわからない。針のことをフック(hook)と言ったり、糸のことをスレッド(thread)と言ったり、羽の名前も沢山あって覚えるのが大変です。ヘンフェザントネック、ピーコックハール、コックフェザントテールなどなど。頭が混乱します。フェザントはpheasantでキジ、ピーコックはpeacockでクジャク、鳥の雄がコック(cock)、鳥の雌がヘン(hen)。英語の勉強になりました。

巻き方自体も説明書を見ただけだと初心者には難しいですね。写真が豊富な説明書でしたが、それでもやっぱり理解しにくい。YouTubeの動画を参考にした方が良かったかな。

試行錯誤しながらも、数個の毛バリを完成させました(下写真)。逆さ毛バリのつもりで作りましたが蓑毛が逆さになっていませんし、説明書の写真ともかなり違うものが出来上がりました。写真をアップするのも恥ずかしいぐらいですが、それでも出来上がってみると非常に嬉しい!

逆さにならなかった逆さ毛バリ

自分で毛バリを作れたという喜びとともに、プラモデルを完成させた時のような達成感。これで釣れればもっと嬉しいんだろうな。

2020年は名倉川に行こうかな

僕の去年の釣り場は巴川でした。紅葉の名所香嵐渓がある辺りです。夏に行っただけなので詳しいことはわかりませんが、巴川の印象としてはアマゴよりもアユ。アマゴを釣りたいならもっと上流の方がよさそうな気がしました。

ということで、2020年シーズンは名倉川漁協の管理する名倉川や段戸川、小田木川あたりをフィールドにする予定です。自宅のある長久手市からは猿投グリーンロードを使えば1時間弱でアクセスできるエリアなので、通うのも苦になりません。

で、肝心の解禁日なのですが、名倉川漁協共同組合のブログ[6]には現時点では2020年の解禁日が記載されていません。ただ、段戸川C&R区間の公式サイト[7]には3月の解禁と書かれているので、例年通り3月1日が解禁日のようです。解禁日は例年同じなのでわざわざネット上に記載しないというのが当たり前なんでしょうか。初心者としては情報がなくて少々不安になります。

今回作った毛バリ達のデビュー戦まであと少し。もう少しストックを用意しておこうかな。

参考

  1. Fisherman’s Spoon, YouTube.
  2. テンカラ毛鉤の作り方 How to make Tenkara Kebari, Fisherman’s Spoon, YouTube.
  3. 初心者が巻く テンカラ毛鉤 Tenkara Kebari, Nature Tom, YouTube.
  4. テンカラの毛鉤「超基本」を巻いてみた(巻き方のコツと解説あり), テンカラ釣り -関東・秋川-.
  5. 初心者でも5分でマスターできる簡単テンカラ毛鉤の作り方:目指せ自作毛鉤での釣果!その3, Tenkara Life.
  6. 名倉川漁協協同組合ブログ.
  7. 段戸川アマゴ オリジナルルアー!, 段戸川C&R区間 公式サイト.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です